室内の空気中にある有害物質を排除する|炭の家が人気の理由とは

健康に配慮された家

つみき

炭の持つ機能を活用

シックハウス症候群が世間で取り上げられるようになってしばらくになりますが、最近はこの問題を解決するために、さまざまな対策を施した住宅が建設されています。みなさんは炭の家をご存知でしょうか。炭の家は炭を活用して家の中をきれいな空気に保ち、健康に配慮されて建てられた住宅です。炭の家は、1トンの炭を1回の床下と天井に設置し、外壁にある吸気口から空気を取り入れます。取り入れられた空気は炭の層を通り、1階と2階の床下に施工されている給気口から室内へと供給され循環し、汚れた空気は戸外へと排気口から自然に排出されます。吸気口にはフードと特殊なフィルターが取り付けられているので、ゴミやチリ、ダニ、花粉などの侵入を許しません。炭の表面には孔が無数にあり、この孔が有害物質を吸着する機能を持っています。この機能でシックハウス症候群の原因物質を吸着、分解し室内の空気を浄化してくれるというわけです。さらに、炭には湿度整えてくれる、湿気を吸い取る機能も持つ物質です。このため、結露が起こるのを防ぎ、家の木製建材の腐敗・劣化を防いでくれます。くわえて、結露が起こらないことはカビ、ダニの発生防止にも役立つものです。さらに、炭はニオイ成分を吸収し分解してくれる消臭の機能も備えています。ペットの匂いやタバコの匂いなどもきれいにしてくれます。このように健康の事を考えた場合に非常に魅了のある炭の家ですが、分譲住宅ではあまり取り扱いがありません。ですので、炭の家を建てるときは注文住宅で家を建てることになります。炭の家を建てたいと考えている方は、ハウスメーカーに一度相談してみてください。