室内の空気中にある有害物質を排除する|炭の家が人気の理由とは

炭と換気システムを利用

婦人

24時間空気をきれいに

高気密、高断熱の現代住宅は空気中の有害物質がシックハウス症候群や喘息の原因になると問題になっています。炭の家とは、住宅の敷地や床下空間に炭を敷きつめ、炭の持つ空気清浄効果で室内の空気をきれいにするという仕組みの住宅です。炭のさまざまな健康効果を利用した炭の家は、健康住宅として注目されています。炭の家は第2種換気という換気システムを採用しています。このシステムは病院の手術室にも使われており、室内の空気を24時間循環させることができます。換気ユニット内の高密度フィルターがホコリや花粉、PM2.5などの有害物質を取り除き、空気が炭の層を通ることできれいで新鮮な空気だけを室内に取り込むことができます。炭と換気システムの両方を使用することで、ホルムアルデヒドなどの有害物質を抑制する働きがあります。炭には空気清浄効果以外にも調湿効果や消臭効果、マイナスイオン効果などがあります。炭には小さな孔が無数に空いていますが、この孔が空気中の水分やイヤな臭い、有害物質も吸収してくれるのです。湿気のたまりやすい床下に炭を敷くことで、結露やカビ、ダニやシロアリなどの予防になります。新築住宅は建材のニオイで頭痛や吐き気などの不快な症状に悩まされることがありますが、炭の家の場合症状の軽減も期待できます。生活臭やペットのイヤなニオイも気にならなくなり、炭の持つマイナスイオン効果は心身をリラックスさせる働きもあります。